■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■唇で壊される。/橘 紅緒・奈良千春(SHY NOVELS)

唇で壊される。 (SHY NOVELS 195)唇で壊される。 (SHY NOVELS 195)
奈良 千春

大洋図書 2008-02-15
売り上げランキング : 59024

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
dmm.com


橘紅緒さんの本は初めて読んだんですが、
ヤラレマシタってお話でした。

特に目新しい設定って訳でも無いんですが、橘さんの書かれる世界観に思いっきりひきこまれた。
そんな一冊でした。
テーマは「じれったい」

友人との待ち合わせまでの時間を潰すために、
車で読んでいたのですが、止まらなくなってしまい、結局1時間前に待ち合わせ場所に
行っていたにも関わらず、遅刻しました(苦笑)

■あらすじ
かつて年上の男との恋愛に傷ついた神流柚槻は、本気で誰かを好きになることができなくなっていた。キスまではいい。でも、それ以上は許さない。そんな柚槻の周囲には何人もの遊び相手がいた。けれど、丘智周と出会ったときから、なにかが変わり始めた。誰にでも優しく接し、相手をその気にさせる智周に恋人が途切れることはない。そんな男に本気になってはいけない。そうわかっていても、惹かれる心は止められなかった。付き合い始めたふたりだが、好きになるほど不安と寂しさは深まっていき・・・!?

以下、軽いネタバレです。

昔好きになった男ってのが、遊び人で、本気になるのが馬鹿なんだといったスタンスの人だったため、神流は自分の気持ちを隠して、その男と接するわけですが、途中で苦しくなってしまって、終わらせるんですね。
それからは、本気で誰かを好きになることができなくなっていた。
バリバリ、引きずってしまっていたわけです。
そんな時に出会ったのが、これまたモテル男を好きになってしまって・・・

目新しい設定は何もないですよね。
でも、なんでしょう。
もう、生まれて2○年。こんな不器用な恋愛、忘れてしまったわってくらい、
こう、ジレッタイ?って言葉がぴったりな受の不器用さに涙を誘われ、
ウルウルきましたね。
丘智周にも実はトラウマがあって、余計、チグハグになってしまうのですが・・・。
付き合うまでも、遠回り、付き合ってからも勘違い、不安、寂しさ、いろいろ付き纏うんですね。
でも、なんだかすごく優しい空気が流れていたお話でした。
読後は、「よかった~二人とも笑顔で」と、見守っていた二人がようやく幸せになったっていう
カンジがありました。

おすすめです。
読んでみてください。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

七

Author:七
腐女歴1●年。
きっかけは、炎の蜃気楼を学校の図書館で読んでです(笑)
それからどっぷりはまって抜け出せません。
基本、切ないお話が好きなので、紹介させて頂く本は、
切ないもの中心となると思います。
また、おすすめ本等あれば教えて頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拍手お礼

>Baby様
拍手&コメントありがとうございました。
おこがましいですが、参考にして頂けたようで・・・一人でも多くのミラージュファンが増えることを願って、レビューを書いていこうと思います。
また、読まれた感想、聞かせていただければうれしいです。

>Baren様
拍手&コメントありがとうございました。
つたないレビューブログですが、そう云って頂けるととても嬉しいです。
今後も、切ない系を紹介していきますので、よろしくお願いします。

フリーエリア

オススメショップ


書籍の送料が今なら無料!


書籍の送料が今なら無料!

ブログ内検索

Blog People

BL×B.L.People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。